映像EDIT

映像配信

流通業の発達により映像が簡単に手に入る事できる世の中になっていますが、近年の情報産業の発達は今後の映像のあり方を変えていく方向にシフトしていきました。皆さんの中には情報化社会に取り残されている方はいませんか?そんな方は今の映像形態を理解する為にもココを流し読みしてください!こちらのパソコンショップでエアロを買って見るのも良いかもしれません。

映画

今までの映像を配信する最も大規模で確実な方法なのは「映画」です。某映画大国の新作映像は必ず映画館で封切(映像が流出しなければ)され代々的に上映されます。また、映画館は個人もしくは団体が施設を借りて映像の上映会をおこなう子ともできるため自主制作映画(フィルム等)の上映をおこなう事もできます。実際に大手配給会社でフィルム分けされる封切前の新作映画は買取(実際は買い取らない上映権だけ)価格が高いため、個人映画館や零細映画館は新作を上映できず、一作品遅れて上映する事もあります。そのため、個人制作の映像を上映してくれる(もちろん有料で)ため配信と宣伝にこれ以上のに無い効果を発揮してくれます。

テレビ

一家に一台の大衆娯楽配信機で家庭によっては何台も保有している家族もあります。映像配信としての効果は高く、民間放送は各企のコマーシャルを争って流しています。そのためコマーシャルの制作費+放映費用(費用も時間帯やコマーシャルの尺の長さによって変わってきます)の莫大な宣伝費が使われます。民間放送はコマーシャルのほかに番組のスポンサーになってくれる企業から資金を提供してもらっています。

ちなみに日本発の民間コマーシャルはどこの企業だと思いますか?実は意外な事に「セイコー」だそうです。セイコー(当時は精工舎)は大手の時計メーカーで日本テレビ開局日の1953年8月28日にコマーシャルが放映されるはずでした。正確にはセイコーのコマーシャルは放映されたのですがなにせ民間で番組を作ってコマーシャルを流す事は初めてだったためかコマーシャル映像のフィルムを裏返しにして放映してしまったそうです。当然日本初の国産コマーシャルはテレビに映し出されたときは左右反転の映像で放映され、さらに音声も流れないままで終わってしまいました。コマーシャルは記憶に残るインパクト重視ですから、有る意味ではインパクトになったかと思います。

インターネット

21世紀になって急激に成長したネットワーク分野は今まで情報源の書物やテレビ、ラジオを抜き去り、手軽で簡単に欲しい情報にアクセスできるようになりました。また、情報だけではなく国家間のコミュニケーションの一つとして使われるようになりました。ブロードバンド回線が整備され始めの頃は通信速度も低く、回線自体の通信量も大きくなかったため大容量のデータ送信には時間と制約が付いていました。しかし今現在ではインターネット回線は光回線が殆んどで大容量データの送受信も可能になったため映像配信がおこなわれるようになりました。特に近年では回線を通じで何時でも好きな所で映像を閲覧できるのが若い世代に受け爆発的に普及しつつあります。しかし、インターネットで映像を配信する事は映像(情報)をデジタル化する事になり、映像の不正配信や著作権の問題が疑問視されつつありあます。

ちなみにインターネット内で映像関係は高い評価を受けつつあります。しかし、前記の著作権の問題などが山積している状態で有るのは確かです。しかし、逆に言えば自身の映像を使って動画配信をおこなえば著作権に違反ではないので、最近では投稿者自身で作った映像や画像を使って投稿作品を作りインターネット上で配信している姿をよく見かけます。

pickup

東京の納骨堂比較ランキング

2017/11/17 更新